自身で剪定される方必見!剪定の心得。

庭木の枝葉が生い茂りそろそろ自身でハサミを入れようかなとお考えの方!
少し待ってください。いつでもいいというわけではありません。剪定は木に負担をかけるものなのでタイミングを間違えてしまうと木が衰えたり、最悪の場合枯れてしまう恐れもあります。

剪定に適した時期
・常緑樹:春先から秋
・落葉樹:冬(葉が落ちた頃)
※木の種類にとって時期が異なるのでお気軽にお問い合わせください。

剪定の方法
剪定する木をどうしたいかによって剪定方法は異なります。
枝下ろし
育ち過ぎてしまった木を仕立て直したい場合に行う方法で太くなった枝を幹のつけ根から落とす方法で街路樹で見かけたことがあるかと思いますが、あまりにも切るので大丈夫なのかと心配になるかと思いますがご安心ください。新しい芽がでてきます。切断した箇所から菌が侵入し木を腐らせる可能性があるので、切断面に防腐剤を塗っておくことが必要です。

枝透かし
枝が込み過ぎたり伸び過ぎた場合に行う方法で枝を適度に透かし、風通しと日当たりをよくし、美観も良くします。透かしので方法には大きく分けて2種類あり「荒透かし」と「小透かし」があります。

荒透かしには、「野透かし」や「大透かし」などとも呼ばれ、木の骨格になる枝で成長を妨げたり、樹形を乱したりするのでこのような不必要な枝を抜いていく剪定になります。下向きに伸びしてしまった枝、幹の方向へ内側に伸びてしまった枝、長くなってしまった枝や他の枝に絡まってしまった枝を忌み枝と呼び、根から抜くように樹形を整えていきます。

小透かしは枝先に行う繊細な剪定で枝葉が付いている分岐部分で外側の枝、葉を残し挟みこむのが重要です。小透かしは庭師職人の腕の見せ所で枝先を丁寧に剪定し木の特徴を活かし美しく剪定するのがポイントです。

剪定の詳細ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら

 


一覧ページに戻る