剪定・伐採

剪定のタイミング

剪定では、伸びすぎた枝や込み入った枝を切り落とします。
剪定は単に美観を保つだけでなく、周りの日当たりや風通しも良くなるので病害虫予防としても実は大きな効果があります。

ただし、剪定の時期を間違えると花が咲かなかったり、切り口が枯れ下がり見栄えが悪くなってしまったりすることもあるので注意が必要です。
そのため、確かな技術力や知識のある職人にお任せするのが最適です。

また、長期間放置していると枝が密集してしまい剪定作業に時間がかかります。
時間がかかると、それに応じて料金も高くなってしまいますので、早めの剪定を行うことが大切です。

 

育ちすぎた木を伐採する理由とは

大きく育ってしまいすぎてご近所の迷惑になったり、倒木のようなトラブルが発生しないためにも、そのような木は早めに伐採をご依頼ください。

落ち葉・枝葉が隣の敷地に侵入しているといったことは、剪定をすることで一時的に解決することができます。
しかし、定期的なお手入れが難しい場合には伐採をご検討ください。

また、枯れてしまったりしている木は倒木の危険がありますので、未然に大きな事故を引き起こす前に、こちらも早めに伐採をご検討されることをおすすめいたします。

一覧ページに戻る